So-net無料ブログ作成
検索選択

チョイナチョイナで草津白根山 【スペランカー登山隊】 [登山]

タイトル草津.JPG

草津よいとこ 一度はおいで (あ~ ドッコイショ) 

お湯の中にもコーリャ 花が咲くよ (チョイナ チョイナ)


と、、、 草津温泉では草津節の歌が有名なのですが、わたくしは何より、元たけし軍団の

佐竹チョイナチョイナ氏が、今何をしているのかがとても気になる今日この頃です。

(なにが?)







・・・・・








さて、数年ぶりに訪れた草津温泉[いい気分(温泉)]


DSC02872.jpg


湯畑の周りの景色も昔とは違い色々と変わりましたねぇ。


DSC02874.jpg


以前には無かったオシャレなお店が増えてます。





DSC02882.jpg




さすがにまだ、湯畑の中の入浴は禁止のようです。 (当たり前だろ)

DSC02891.jpg





湯畑に新しい日帰り温泉施設なども出来ていたりして。

DSC02848.jpg
(上の画像は白旗源泉)



湯 ♡ LOVE ♡ 草津の雪ちゃんマンホールとかも以前は無かったよ。

DSC02886.jpg
(この子が雪ちゃんであるかは定かではない)




湯畑の周りの柵には、草津に歩みし百人の偉人達の石札が貼られています。


源頼朝とか前田利家とか渥美清とか石原裕次郎とか。。。


レスラーを代表して力道山。

DSC02881.jpg




日本百名山制覇を目指す山ノボラーにとって忘れてはならない人物、、、

深田久弥氏もあった。 (←日本百名山を選んだ作家)

DSC02880.jpg




それら偉人達に混じって、ルシウス(テルマエ・ロマエの主人公)があったのには驚いたw

DSC02878.jpg


やるじゃないですか、草津温泉協会さん・・・ 


そういうセンスは大事ですよ。

(あんたが言うな)














わたくしが草津温泉に来たのは他でもない。


日本百名山のひとつ、、、 草津白根山 に登りに来たからだ。


わたくしの登山の楽しみは、山に登ることのほか、温泉に入ることも大事なアトラクション。


せっかく草津温泉に来たのだから、日帰り温泉ではもったいないですからね。


登山前日は、ここ草津温泉で前泊することにしました。


当日はあいにくの雨で、湯畑の周りを てぷ散歩 することにしましたよ。







てぷてぷ・・・







ガラス館の前にある無駄に3つ並ぶポスト・・・

DSC02856.jpg


ハガキに描いた考案超人をどのポストに投函しようか、かなり迷います。

(そうでもない)









以前 「噂の!東京マガジン」 で取り上げられた噂の現場、茶屋問題(土地の所有権)の件が

ありましたが、その茶屋の前を通り、西の河原方面へ。

(そんなことは言わんでいい!)

DSC02858.jpg




歩道の奥まで進むと、日帰り温泉施設 「西の河原露天風呂」 があります。

DSC02859.jpg


ここのお風呂はかなりデカイですよ。


露天風呂しかなく、男女合わせて500m2もあるんだとか。


ただココには洗い場はありませんのでご注意ください。








今宵、お世話になったお宿は 益成屋旅館 さん。

DSC02898.jpg


草津温泉のお宿でも数少ない白旗の湯を引いているお宿。

(大浴場は白旗で、貸切風呂は湯畑の源泉を引いています)


熱い熱い白いにごり湯(泉温53.6℃)はまさに、スーパージョッキーTHEガンバルマンの熱湯風呂w


佐竹チョイナチョイナ氏のネーミングは、ここ草津から来ているのか!? とも思ってしまいます。

(思わねーよ)


それでも熱い熱いお風呂は最高でした。

(熱い風呂が苦手な人には結構キツイ湯船だと思うw)



風呂上がりの[ビール]生ビールももちろん最高でござんす[わーい(嬉しい顔)]

DSC02867.jpg
(いいのか? まだ山にも登っていないのにこんなに癒されて・・・)





DSC02869.jpg


夕食のすき焼きでゲップ~  


たらふく食べて、お腹が出ちゃうほどです。

(元々出てるだろうが)



































翌日の朝、目が覚めると、天候は引き続き雨・・・[雨][雨][雨]

雨、雨、雨・・・  またかと・・・[もうやだ~(悲しい顔)] 


夏のシーズン、、、今年は雨ばかりでホント困ります。


鹿島槍ヶ岳の雨中登山から一週間しか経っていませんが、なんでこうも雨ばかりなのか。


梅雨に逆戻りしちゃった感さえあります。


宿を出る前から、今日は山に登るべきか止めるべきかを悩んでいたのですが、先週せっかくゴアテックスの

カッパも買ったことですし、カッパの性能を確認しに行こうと、登ることを決断しました。

(なんだそりゃ)













宿をチェックアウトし、車で向かった先は白根火山ロープウェイの山麓駅・・・

DSC02966.jpg


山麓駅の天候は霧雨。 しかもガスってる。


DSC02967.jpg


ここで視界不良なら、山頂も視界不良で景色も望めないだろうと、ここであきらめるのもアリですが、

なんせカッパの性能を確認しに来た以上、山頂まで行かなければ、、、と無駄な使命感w


ゴーイング・マイウェイです。

(なにが?)










草津白根山は活火山です。


当初は白根火山の湯釜があるコースから登ろうと思っていたのですが、噴火警戒レベルがである為、

立入禁止区域になってしまい、そのコースは使えない。

(エメラルドグリーンの湯釜見たかったなぁ・・・)


やむなくロープウェイで山頂駅まで行くことになりました。

DSC02901.jpg


本当は登りにロープウェイを使いたくはないのですが、こればかりはやむを得ません。


なので、残念ですがロープウェイを使います。 


DSC02904.JPG


本当に残念です。 


ロープウェイを使わずに登りたかった・・・と、テンション下げながらゴンドラに乗っていました。

(あんた白々しいんだよ)




DSC02902.jpg


山麓駅からは10分ほどで山頂駅に着きます。


文明の利器はありがたいですね。



DSC02906.jpg



しかしながら山頂駅に着くと、、、


なにぃ!!  と、霧もかかって無ければ雨も止んでいるではありませんかっ!


ブヘー[ふらふら] 騙された。


麓ではあんなに霧がかかっていたので、直前まで中止にするところだったよ。


切符売り場の兄ちゃん言ってくれよ~  上下カッパ着ちゃったじゃ~ん。



でも、とりあえず山頂まで上がってきて良かったよホント・・・^^;




というわけで、この企画・・・




日本百名山全制覇(絶対無理だよ)
プロジェクト!
 なりw



今回のスペランカー登山隊のメンバーはわたくしと、最近山登りにご無沙汰していた嫁ちゃんと二人で。




コースは、本白根山コースを行きます。


img104.jpg


コースは山頂駅から反時計周りで周回するコース。


草津白根山としての最高峰は本白根山ですが、登山道が無いので山頂に立つことはできません。


代わりに三肉点(三角点)にタッチしに行こうものなら、立入禁止区域なので行くことはできません。


なので、コース上の最高地点(探勝歩道最高地点)となる場所が、仮の山頂になるという・・・

ちょっと変わった山なのであります。



というわけで、コースの始まりはリフトの横から入って行きます。


DSC02913.jpg





ほとりの池の鴨南蛮さんも優雅に泳ぐ。


DSC02910.JPG


砂肝が食べたいです。

(は?)




コース上、高山植物が所々に咲いていました。


DSC02908.jpg DSC02911.jpg
DSC02914.jpg DSC02918.jpg
DSC02925.jpg




平日でしたので、登山客も少なく静かな山登り。

DSC02923.jpg



スタートしてから40分ほどでしょうか。 

樹林帯を抜けると、ぽっかり窪んだ中央火口がドーンと姿を現します。

DSC02927.JPG

DSC02936.jpg


その中央火口を周るように登山道が作られている。





DSC02933.jpg


ひと際目立つ岩の方に歩を進めると、その道沿いには高山植物の女王コマクサが。


DSC02932.jpg

もう咲き終えたばかりって感じですけど。

(※今更画像を見て気付いたのですが、コマクサから上へと目をやると、熊がいるように見えるんですけど気のせいでしょうかw)



万座温泉方面への分岐に着くと、見上げた岩の上が山頂かと思ってしまいがちですが、そこは単なる展望台。

DSC02937.jpg


反対を向いて、尾根の赤矢印で示す箇所が、ここ草津白根山の仮の山頂になる

探勝歩道最高地点なのであります。

DSC02938.jpg


その分岐点から山頂へは15分ほど歩けば辿り着くよ。


遠回りにUターンする形で木道を歩き、山頂へと向かう。


DSC02939.jpg
























えっちらおっちら

























DSC02941.jpg






ロープウェイ山頂駅から歩くこと1時間・・・


探勝歩道最高地点に登頂だす。  (~AM11:30)


DSC02943.jpg


なんだかあっけなく着いてしまった^^;


日本百名山の中でも、八幡平に次ぐ疲れの無さw

(登りにロープウェイ使ってる奴が何を言ってる)



しかし味気ない山頂だなぁ・・・^^;

全然山頂っぽくないっす。





その山頂からの眺めは、山の周りが雲に覆われ、特に遠くの景色は何も見えず。。。orz

DSC02951.jpg


まぁ、ガスってるよりは全然マシですけどね。






そんなわけで、草津白根山登頂により、新たな1ページが加わりました。



DSC02948.JPG



日本百名山23座目を制覇!!

(わ~ ぱふぱふ~[手(パー)][手(パー)][わーい(嬉しい顔)]














そんでもって残りは77座なんですけど・・・・・[たらーっ(汗)]



























































絶対無理だよ!!




















・・・・・
























・・・・・






















山頂には20分ほど滞在し、今度は岩の上の展望所へと向かいます。


その展望所に向かう際、ポツポツと雨が降ってきた。


ロープウェイ駅に戻るまでなんとか持ちこたえて欲しかったけど、そうは問屋が卸さなかったか。


今年はホント、山に登る日に限って雨ばかり。  ツキが無いっす・・・^^;






そう思ってた時、ふと、大きめの鳥が飛んできて、枝にとまった。


DSC02954.JPG


なんて言う鳥だろう・・・?








・・・・・









砂肝食いたい・・・

(知らんよ)












展望台に到着! (PM12:10)

DSC02956.jpg



おっ! ここのほうが山頂っぽい雰囲気あるなぁ・・・^^;


ちゃんと ”日本百名山” って標柱に書いてあるし。


ここで写真を撮ったほうが全然絵になるでしょ。



DSC02958.JPG

(なにげに出来上がったばかりの登山隊Tシャツ着てきましたw)





展望所から望む景色は雲海で何も見えないかと思いきや、、、


かろうじて、同じく日本百名山の四阿山の頭だけがちょこっとだけ見えるっつう・・・


DSC02960.jpg




あ、、、 やっと他の山ノボラーさんがいたw


ちょうど稜線を歩いてるんで、良いアングルで撮ってやったぜ~


DSC02953.jpg

(じきに追いつかれるんですけどねw)
























えっちらおっちら
























鏡池を通過。 (PM12:30)

DSC02962.jpg

DSC02963.jpg


木によっては葉も色付き始めてます。


もうすぐ秋が来ますね。
























えっちらおっちら
























展望所から歩くこと45分・・・


ロープウェイ山頂駅に到着だ。 (~PM12:55)


DSC02964.jpg


樹林帯の中を歩いているうちに雨も止んでしまいました。


今回、コースを反時計周りに歩いてきましたが、時計周りで歩いたほうが登山している気分になると思います。


わりと平坦なコースだと思っていたので、時計周りのほうが勾配あるかなと。





さて、スペランカー登山隊のモットーを覚えてらっしゃいますか?


・・・・・


はい、そうです。

「Ropeway If you go down the mountain.」 ですよね。 
















・・・・・






















DSC02965.jpg


「山を下るならロープウェイ」 だということw










【草津白根山工程】

所要日数: 前泊日帰り
標高差: 130m

歩行距離: 約7km

白根火山ロープウェイ山麓駅(10:20) ⇒ 山頂駅(10:30) ⇒ 展望所分岐(11:20
) ⇒ 
⇒ 探勝歩道最高地点(11:35~50) ⇒ 展望台(12:10) ⇒ 鏡池(12:30) ⇒ 山頂駅(12:55)

歩行時間2時間25分

宿泊: 益成屋旅館
反省会: なし






DSC02973.JPG
(山バッジは白根火山ロープウェイ山麓駅にて購入)

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。