So-net無料ブログ作成
検索選択

ピーカンなんだよ日光白根山 【スペランカー登山隊】 [登山]



1日目からの続きです。


タイトル日光.JPG


初日、男体山の登山を終えた我々は、奥日光湯元にある 「おおるり山荘」 に宿泊し、

その日の疲れを癒しました。


なにより、そこは硫黄の臭いが漂う温泉地。


にごり湯の温泉はとにかく最高の癒しでした。


ドラクエで一泊した時の[るんるん]効果音が流れるってもんです。

(あーそうかい)



食事はバイキング形式で、時間制となっていますが、なんとも夕食時の生ビールが

無料飲み放題という太っ腹! (第3のビールですけどw)


思わず[ビール]ジョッキ4杯も飲んでしまいました。  


せっかく減らした体重が元も子もないですw


それでいて宿代が、ひと部屋3人で各人五千円台というから驚きだ。


山小屋が八千~九千円台を考えると、温泉入れるし個室だし、かなりのお得感ですよ。


宿を選んだオレ、流石だぜ~

(自分で言うな)


でもビール飲み放題だという情報は、チェックイン時で知ったというw






2日目の朝、わりとゆったりと起床しました。


朝風呂に入って、朝食食べて、宿を出たのがAM9時。


一路、日光白根山登山口のある丸沼高原へと車を走らせる。


[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]


宿から30分程で現地に到着だ。


その日は土曜日のせいか、朝から駐車場は登山客の車で賑わってました。


しかしながら我々、初日の男体山がこたえたのか、階段の上り下りだけでも足が小鹿状態w


これから白根山登れるんか? と、一抹の不安はありましたが、そうなることは予測済み。


今回はロープウェイを使ったコースを選択だ。

(これもれっきとしたコースです[あせあせ(飛び散る汗)]


宿泊した奥日光湯元の温泉地から登れるロングコースもあるのですが、それだけは体力的に無理っす[あせあせ(飛び散る汗)]







ロープウェイのチケットを購入し、いざ山頂駅へとロープウェイに乗り込む。


DSC02749.JPG




この日は前日と違って天気もピーカンです[晴れ]


DSC02751.jpg




ロープウェイで標高を上げていくと、日光白根山のテッペンの姿が見えてきました。


DSC02752.jpg


その姿は、なんとなく 「山」 という文字にも見えますよね。



山頂駅に着くと、目の前にドドーンと白根山が!


DSC02753.jpg


まさに活火山といった風貌です。


日光白根山の標高は2578M。  関東地方最高峰の山です。


標高約2000mの山頂駅からは、約2時間半かけて頂上まで標高差578mを登って行きマッスル[パンチ]


まぁ前日の男体山の約半分の標高差ですから、気持ちは和やかですw





頂上までの登るルートは複数ありますが、今回選択したルートはこちら。


日光白根山ルート.jpg


登りは山頂駅から七色平分岐を経由し、白根山山頂へ。


下山は弥陀ヶ池に下り、座禅山コースを通って血の池地獄を経由。 そして山頂駅へと戻るルートだ。


と言っても、当初出発前に予定していたコースとは違うのですがね。。。

(途中、道を間違えたのである[たらーっ(汗)]





というわけで、AM10時30分スタートじゃ!


DSC02753-1.jpg


この鳥居みゆきをくぐってスタートします。


白根山の神社も二荒山神社なので、男体山と一緒ですね。





鹿対策のゲートを抜け、最初は平坦な道を歩いていく。


DSC02755.jpg


やっぱり日陰は涼しくて助かります。


樹林帯の中を歩き、徐々に高度を上げていく感じのコースです。


DSC02756.jpg






1時間半くらい歩いて、ふと開けた先には出発地の山頂駅が見える。


DSC02757.jpg


もうここまで来たんかぁ・・・と、良いペースで登っていけてます。


男体山と違ってハイキングコースになっているので、とても気分良く歩けますよ。


DSC02758.jpg


休憩は頻繁にとっているものの、あっという間に森林限界を過ぎました。


一気に視界が開けてきます。


DSC02761.jpg


ここから山頂に向かって砂礫の道が続きます。


DSC02761-1.jpg


陽射しを遮るものがありませんが、風が吹いているので暑さはそれほど感じませんでしたね。
























えっちらおっちら

























前方に小学生の遠足部隊が縦に連なってましてね。 大渋滞にハマってしまいました[たらーっ(汗)]


砂礫の道な為、登るにも滑るんですよね。 なので中々前に進めない子供達・・・


それが渋滞の原因。 (強風も影響してたかな)


子供達はともかくとして、引率の先生方がスニーカーだったのには驚かされました。


そりゃあ、先生方も滑るでしょうに。。。orz





そんな遠足部隊の横をスイスイと抜いていく我々スペランカー登山隊。


抜かれまいと、負けじと争ってくる男の子もいるw 


どうだい坊や? 大人がお金に物を言わせて手に入れた登山靴は滑らないんだぜ。 


こんな道でもス~イスイさ。 カーカッカッカッカ。 (←相当大人げない悪魔超人)





・・・と、遠足部隊に勝ち誇ったところで休憩。


DSC02761-2.JPG


ふぅ~ 遠足部隊を抜かすのに結構体力を使っちまったぜ~


でもいい天気やな~[晴れ]


DSC02762.jpg





思わずカシャカシャと連射機能でパノラマ撮影[カメラ]


DSC02763.jpg


どうだい坊や? 大人がお金に物を言わせて手に入れたカメラは高性能なんだぜ。


羨ましいだろう? カーカッカッカッカ。 (←しょうもない悪魔騎士め)













スタートから歩くこと約2時間・・・  


日光白根山の山頂が目の前に!


DSC02775.jpg


狭い山頂は登山者で賑わってます。


山頂の記念写真撮るにも順番待ちですよ。


山頂に立たない訳には行かないので、とりあえずあの場所に行くぜ~ と、思った矢先・・・


滑って尻餅つきました[ふらふら]

(ガッデム!!)


どうだい坊や? 調子こいてると、こうなっちまうんだぜ。

(自業自得) 



















・・・・・



















10分程並んで、待望の山頂へ。 (~PM12:30)



DSC02764.JPG


ゲェー!!! おいらの頭で標高の一部が隠れてしまったわい[あせあせ(飛び散る汗)]

(2578mでつ)








・・・・・









というわけで、やりました。


また新たな1ページが刻まれました。















日本百名山、、、21座目を制覇!!

(わ~ ぱふぱふ~[手(パー)][手(パー)][わーい(嬉しい顔)]






これで残りは、あと79座ですが・・・・・

















































絶対無理だよ!!



























はい、三角点にもタッチ。


DSC02766.jpg


ここは2等のようですね。 しかも 三肉点 ではありません・・・[がく~(落胆した顔)]


残念です。

(なにが?)






山頂ポイントに長居はできませんので、ちょっと離れた小高い岩の上で登頂のポーズ。

(特に意味は無い)


DSC02769.jpg


360度、景色は最高ですよ。


前日登った男体山と、中禅寺湖も目の前に見えまする。


DSC02772.jpg


前日はあっちからこっちが見えなかったもんね。


DSC02774.jpg


しかし本当に素晴らしい景色で、今回は天候に恵まれました[わーい(嬉しい顔)]


DSC02770.JPG


眼下には五色沼も見えて、絶好のビューポイントです。


DSC02773.jpg



山頂では登山者の皆さん、お弁当を広げて楽しんでらっしゃいましたが、我々は下山してから食べることに

していたので、ここに30分程滞在し、早々に下山することに。


腹が減ってきた。


やっぱり弁当持ってくれば良かったなぁ・・・と、3人で後悔しまくりです[たらーっ(汗)]


五色沼のほとりに行くことを予定していましたが、時間もないので今回はパス。

(本当はお腹が空き過ぎてパス)


下山は、弥陀ヶ池方面へとショートカットして下っていきます。 (PM1:00~)


DSC02776-1.JPG







遠くに見えるフタコブの山は、尾瀬にある燧ヶ岳。 東北地方最高峰の山です。


DSC02776.jpg


尾瀬もいつかは行かねばね。


しかし弥陀ヶ池への下山道・・・  かなりの急坂でした。


しかも岩場。 しかも強風。


ここを下りる際は、三点確保で十分お気を付けくださいまし。







下りてきた岩場の急坂を見上げる。


DSC02778.jpg


逆に、ここを登るのは大変だけど、もしかしたら楽しいかもしれません。


























えっちらおっちら[あせあせ(飛び散る汗)]





























ここが噂の 血の池地獄 です。 (~PM2:30)


DSC02779.jpg


肉的スポットとして、ジャンクマンで有名ですよね。

(なにが?)



グムー。 しかしどうなんだろ?


色がそんなに赤くないような?


DSC02780.jpg


どっかの温泉みたいに、赤いバスクリンを入れてごまかすしかないかもしれません。

(そんな必要はない!)



そんな、赤くない血の池地獄から(はっきり言うな)歩くこと30分・・・


下山終了。 (~PM2:50)


DSC02780-1.JPG






山頂駅にある喫茶でお蕎麦でも食べようと思ってたのに、売り切れでないでやんの。


蕎麦が売り切れって・・・orz







【日光白根山工程】

歩行距離: 約6.1km

山頂駅(AM10:30) ⇒ 日光白根
山頂(PM12:30~PM1:00) ⇒ 山頂駅(PM2:50)

計4時間20分(山頂休憩30分含む)


温泉: やしおの湯 http://www.kousha.or.jp/spa_yashio.php
反省会: なし




















DSC02782.JPG

ヘイ!旦那。 蕎麦がねえなら寿司でもどうだい!?


nice!(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。