So-net無料ブログ作成
検索選択

金峰山に行ってきました [登山]

先週の休日に、紅葉も兼ねて登山に行ってまいりました。
その日は[晴れ]天気もよく、絶好の登山日和でございました。

今回の山は、日本百名山でもあります 金峰山(きんぷさん) です。
てぷこだんの目標でもあります 日本百名山全制覇(←多分無理)に向けて、
また1歩踏みしめてまいりました。

金峰山は山梨県長野県の県境にある奥秩父としては2番目の高峰でございます。
この山の山頂には、五丈石と言われる岩の塊があり、圧倒される程のデカさとか・・・!?

金峰山の登山口へは、大弛峠(おおだるみとうげ)を目指します。
一般車が走れる峠としては日本最高地点(標高2360m)の峠であります。

朝5時起床、てぷこ団は[車(セダン)]車で出発。
中央高速を飛ばして、いざ山梨へ。 
山梨といえばフルーツ王国ですが、走る県道ではりんごがコロコロ転がり、道を横切っておりました。一瞬何かが飛び出してきたと思ったら、りんごなんですよね。
あれ、一瞬焦りますよ[がく~(落胆した顔)]
まぁそれがフルーツ王国らしさなんですけどね。


大弛峠の道を奥に進むにつれ、紅葉も色づき始めてきたので、車を降りて記念にパチリ[カメラ]
2235826

2235824

ここの景色も、まだまだ紅葉の最高潮ではないようですが、天気もよいことですし、
自分の気持ちも高揚せずにはいられません・・・なんて[ふらふら]

・・・・・・・・・・

う~ん こんなダジャレばかり言ってては、早くも[台風]木枯らし1号が吹きそうです。。。


この峠道、登山口駐車場までの約11km区間すべて舗装されていて走りやすかったです。
あくまで山梨県側からアクセスのことですが、長野県側の峠道はほとんど道悪の砂利道だそうです。RV車はともかくとして、一般車にはキツイ道だそうですよ。

さて、その大弛峠の駐車場ですが、台数に限りがあるため、停められない車は路肩に停めるしかありません。
AM:10:00に大弛峠到着したてぷこ団もこの時間では当然路肩に停めざろう得ませんでした。
やっぱりいまの紅葉の時期、みなさん山に登りにくるんですね!?

さて、出発の前に[トイレ]トイレです。
金峰山 079.jpg

ここ大弛峠の駐車場にはトイレが完備しております。
山頂にはトイレがありませんので、ここで済ませておきましょう。
大弛峠からのコースを登り、山頂を過ぎた瑞牆山との分岐には、富士見平小屋という山小屋があり、トイレもあるのですが、ちょっと行きたくない理由がありまして・・・
この小屋ではある事件が起きているんですよね[がく~(落胆した顔)]
あえてここでは書きませんが、知りたい方は 富士見平小屋事件 で検索してみてくださいな。


さて、気を取り直して山頂に向かって出発しました(AM10:30~)
2235829

まず尾根伝いにコメツガやシラビソの針葉樹の森を登っていきます。
2235831

歩いていても、木々の隙間からの木漏れ日が気持ちよいです[わーい(嬉しい顔)]

普段登山には、登山のアイテムとして熊ベルを持参しています。

歩くたびに ♪リンリン
汗を拭くたびに ♪リンリン
水分補給をするたびに ♪リンリン
踊り出すたびに ♪リンリン
フィンガー5も・・・・・




(だれもノってこなかったので次進みます)

熊ベルの音を出すことによって、熊よけになるんですよね。
なので、熊に遭遇することはないだろうと安心しておりました。。。




が・・・!!




がががのが!!




なんでこんなところで熊がーっ!!





2235833



寝ているんだーっ!




・・・・・・・・・・




と、かるいアメリカンジョークはこれぐらいにして・・・

さらに先に進みます。
2235843

そうそう、先ほどの寝ている くまさん を救ってあげようと思いましたが、団員にやめたほうがいいと言われたので、救うのをやめました。(←なんの話やねん・・・?)

このコースはスタートから標高が高いので木々の葉っぱも少なく、紅葉もなにもないんですよね。
木々を見上げて実がついているものが目立つくらいでした。
2235828

このコースは何度かアップダウンしながら登っていきます。
左手の樹林越しには、晴れていれば富士山が見えるとのことですが、果たして富士山を拝めることができるかどうか期待していたのですが・・・

どうやら雲がかかっておりまして、ほんのわずかですが、なんとなく頂上が見えますた!
2235844

惜しい、惜しいですな。 あともうチョイなのに。。。

その日は天気もよかったせいか、標高2500m以上にいてもそれほど寒くはありませんでした。陽射しもそれほど強くなく、まさに絶好の登山日和ですよ。
2235845


そして、大弛峠から金峰山までの中間地点にあたる朝日岳に到着しました。(AM11:50)
出発から1時間20分です。標高2581mです。
2235846


朝日岳からの景色で、金峰山の五丈岳が見えますよ。
2235847


金峰山に向かうにあたり、急なガレ場を一気に下ります。
このコース中、いちばんのアグレッシブポイントではないでしょうか!?
2235848

下るのはいいんですけどね、頂上からの戻りでは、ここの登りが一番キツイっす![ふらふら]
ここは滑るので注意が必要です。

さらにアップダウンの道を歩きつつ、頂上近くまできました。
戦艦大和のように石で積み上げられたオブジェがありました。
2235869

どうも、こういうものを見ると崩してみたくなる衝動がおきるんですよね。ですがそれを察知したのか、団員にやめたほうがいいと言われたので、崩すのをやめました。(←当たり前やねん!)



そしてついに、金峰山山頂に着きましたでぇ~ (~PM1:00)
2235871

日本百名山全制覇(←多分無理)に向けて、新たな1ページが加わりました。
2235877

出発からのTOTAL時間は2時間半でございました。
見事にガイドブック通りの予想時間でした。

↓金峰山頂上からの景色です。写真は中央の岩山は、多分 瑞牆山(みずがきやま) です。
2235866

う~ん ドラクエに出てきそうな山だ・・・


一方、反対側の景色で見えるはずの富士山はまったく見えませんでした。
キリがかかっておりまして・・・・・トホホ[もうやだ~(悲しい顔)]


そして、金峰山のシンボル五丈石です。


でかーっ!


2235873

人間ちっちゃ・・・


誰がこんなところに積み上げたんだぁ!


という発想をするのはボクだけでしたが・・・・・


ボクは知ってますよ。


積み上げたのはプレデターだってこと。。。[ふらふら](ぷっ)


・・・・・・・・・・

とまぁ、アメリカンジョークはこれぐらいにして、五丈石の近くに行ってみました。
2235875

思った通り、上にいるのはプレデターでした。
きっとエイリアンを見張ってるに違いない・・・・(←まだ言ってる[ふらふら]


大弛峠から金峰山までのコースは、アップダウンの連続でしたので、登りもあれば下りもあります。なので復路は下山するという感じではないですね。通常、山での下山はくだる一方ですが、このコースでは違うので、なかなか面白いコースでございました。
登山時間もたったの2時間半ですので、お手軽な百名山ではないでしょうか。
是非チャレンジしてみてくださいませ。


※上述のジョークは、アメリカンジョークでもなんでもありませんのであしからず・・・[ふらふら]


タグ:
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
てくてく

うわ~、五丈石すごっ。
ジオラマみたいですね~^^
by てくてく (2008-10-25 11:46) 

ゴクモンキ

下山のガレ場ポイント、怖そうですね。
私の様にすぐ調子に乗ってふざける男は、
転落死の可能性99%なので、登山には向いてないでしょう...グムー。
(残りの1%は魔雲天戦のテリーマンが助かった時の様な奇跡の確率)

とにかく赤カブトに遭遇しなくてホッとしました^^;

by ゴクモンキ (2008-10-25 17:26) 

てぷこだん

てくてくさん、こんにちは^^

五丈石デカイっすよ!
ホント、どうやって積み上げたんでしょうね!?
それともどっかから飛んできた・・・?
by てぷこだん (2008-10-26 13:46) 

てぷこだん

ゴクモンキさん、こんにちは^^

大丈夫ですよ。
ボクもすぐ調子に乗っちゃいますが、まだ転落してませんから^^
まぁ魔雲天戦のように、あの崖を落ちたときには、きっと救世主(メシア)が救ってくれるに違いないと思ってます!

そういえば犬と一緒に登山してる人もいました。
そうかぁ・・・あれは熊よけだったのかも!?
ボクも熊犬として”銀”でも連れて行こかな^^

by てぷこだん (2008-10-26 13:55) 

ひろたん

100名山を目指すんですね^^
それにしてもシンボルは大きいですよね
by ひろたん (2008-10-26 20:24) 

てぷこだん

ひろたんさん、コメントありがとうございます^^

100名山目指しますよ~
気長に着々と目指していきたいと思います。
シンボルの五丈石は写真で見たのと、実際に見るのとでは迫力がちがいました^^

by てぷこだん (2008-10-27 12:19) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。